経験者ならではのサポート

代表自身、帰化申請の経験がございます。安心してご相談下さい。

永住資格は在留資格にすぎませんが、国籍の選択は人生において大きな決断のひとつ。

だからこそ手厚いサポートが必要になると、私たちは考えています。

 当事務所では、書類作成のサポートをするだけではなく、韓国の除籍謄本に記載されている一文字一文字の正しい翻訳から、新しい戸籍の届出までを行っています。


帰化申請要件チェック

1.居住要件 ※緩和要件
引き続き5年以上、日本に住所を有すること
2.能力要件 ※緩和要件
20歳以上で行為能力があること
3.素行要件
素行が善良であること(マジメな方)
4.生計要件 ※緩和要件
生計を営むことが出来ること
5.重国籍防止要件
国籍を有せず、または日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと
5.思想要件
日本の平和が嫌な方はNGです。
5.日本語能力要件
日本語の読み書きができること(小学校3年生程度の日本語能力)

※緩和要件

1.居住要件と能力要件が緩和されます。
日本人の配偶者である外国人の場合は、引き続き3年以上日本に住所または居所を有すること
2.居住要件、能力要件、生計要件が緩和されます。
・日本国民の子(養子を除く)で日本に住所を有すること
・日本国民の養子で引き続き1年以上日本に住所を有し、かつ、縁組の時、本国法により未成年であったもの

帰化申請の流れ

お問い合わせ・ご依頼
お客様との対話を重視することがモットーです。まずは、お気軽にご相談ください。手続きの流れや、準備していただく書類、料金等について、詳しくご説明させていただきます。ご提案と料金等、同意していただける場合は、是非ご依頼ください。
必要資料の作成、収集
法務局への事前相談をお勧めします。横浜法務局管轄の場合は不要!
迅速に帰化申請に必要な資料の作成、収集に着手します。お客様の手間を最低限に抑えるため、当事務所がほとんどの資料を作成収集いたします。申請書類作成後、必要箇所に署名押印をいただきましたら、帰化申請書類一式の完成です。
管轄法務局へ帰化申請
帰化申請は、必ずご本人のみ申請が可能です。
法務局での面談
約1~2か月後、法務局での面談があります。面談時の想定問題集をお渡しします。
帰化申請の結果
審査期間は帰化申請日から平均半年から1年程度かかります。
充実のアフターサービス
日本国籍取得後の手続きについても、丁寧なサポートを行っております。必要な場合には、ライフプランのアドバイス等サポートいたします。

帰化申請時の必要資料一例&記載例

◎ 帰化申請必修書類【一部】
・帰化許可申請書(写真貼付)PDF
・親族の概要を記載した書面 PDF
・履歴書
・帰化の動機書 PDF
・宣誓書
・韓国の家族関係登録簿に基づく証明書、除籍謄本
・日本での戸籍届書等の記載事項証明書
・国籍喪失等の証明書
・住民票の写し等(申請者、同居者、配偶者(元配偶者を含む))
・在勤及び給料証明書 PDF
・事業の概要を記載した書面 PDF
・納税証明書等
・公的年金保険料の納付証明書
・運転記録証明書
・自宅、勤務先、事業所付近の略図を記載した書面 PDF
・生計の概要を記載した書面 PDF

*上記は、あくまでも帰化申請資料の一部です。

*提出書類は、すべて原本と副本の2部が必要です。

*除籍謄本等は、すべて訳文を添付し、翻訳者の住所・氏名及び翻訳年月日の記載が必要です。


Adobe Readerをお持ちでない方はこちらからダウンロード

お気軽にお問い合わせください。045-550-4020営業時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。